猫ちゃんの眼、気になる症状はありませんか?|浅草橋の動物病院は「あさくさばし動物病院」へ

新着情報

ブログ

猫ちゃんの眼、気になる症状はありませんか?

大きくて澄んだ猫ちゃんの眼。眼は猫ちゃんの体でも非常に印象深く、チャームポイントだと思います。

その反面、目ヤニや充血、涙が出るなど不調が起こりやすい部分でもあります。一時的な症状で済む場合もあれば、状況によっては視覚に関わることもあるのが眼の病気の怖いところです。

今回は比較的よく見られる猫ちゃんの眼の症状別にどんな病気が考えられるか、そしてどんな時は緊急性があるのかお話しします。

「眼が赤い」

眼が赤いといっても、瞼、結膜(瞼の裏)、眼球、眼のどの部分が赤いのかによって状況は変わります。

結膜炎は瞼の裏の粘膜に炎症が起きた状態です。猫ちゃんの眼の症状で最も一般的な症状の一つです。結膜炎が起きている際には、その背景にどんな原因があるのか確認する必要があります。

例えば、異物や睫毛の混入、角膜潰瘍(眼の表面の傷)、ウイルスや細菌などの感染症、緑内障などが一般的です。

眼球内の「ぶどう膜」という部位に炎症が起こった場合にも眼が赤くなります。赤いだけではなく、濁りを伴うことも多々あります。外傷、全身的な感染症、白内障からの続発性、腫瘍などによって起こります。また、明確な原因は不明の特発性という場合もあります。

ぶどう膜炎も結膜炎同様、何らかの原因に続発することが多くみられます。

また、強膜(白目の部分)の出血によって眼が赤くなることもあります。この場合、物がぶつかるなどの外傷によって起こることが一般的ですが、心当たりがない場合には他の部位にも内出血がないかなど全身性の問題がないか原因を探った方がいいでしょう。

「涙、目やにが出る」

涙や目やにの症状も猫ちゃんの眼の症状ではよく見られます。また涙や目ヤニが出る時は、結膜炎や目を細めるなど他の症状も伴っていることが多くあります。

猫ちゃんの場合、多い原因はウイルスや細菌感染です。特にウイルス感染はよく見られ、同時に鼻汁やくしゃみなど風邪症状が出たり、口の中に潰瘍を伴うもの事もあります。こうしたウイルス感染は仔猫にもよく見られ、食欲や元気にも影響することがあるので注意が必要です。

他にも、睫毛や異物の混入、涙の通り道である鼻涙管の閉塞などでも起こります。

正常な場合でも、ある程度の涙や目ヤニの分泌はありますが、極端に増える、色がいつもと違うような場合には注意が必要です。

「眼が白く濁る」

眼が白くなる代表的な疾患には白内障があります。白内障は眼の中の水晶体が濁る病気です。水晶体は、カメラでいうとレンズの役割をしているため、これが濁ると光を通せなくなり視覚が低下します。犬に比べると少ないですが、猫でも先天性、後天性どちらも起こります。

後天性の場合、外傷、糖尿病性などで起こすことがあります。

残念ながら、点眼や内服薬などの内科治療では白内障を治すことはできません。水晶体の機能を回復させるには手術が必要ですが、特殊な機械が必要ですので専門医への紹介が必要です。

手術を選択しない場合には、続発するぶどう膜炎や緑内障などの合併症を起こさないように点眼を継続する必要があります。

白内障の他にも、ぶどう膜炎や角膜炎によって眼が白くなる事もあります。これらは急性に起こることが多く痛みも伴いますので、異変に気付いたら早めに病院を受診しましょう。

「眼が腫れる」

眼が腫れている、いつもより大きいという時に最も心配な疾患は緑内障です。

緑内障は眼圧(眼の内圧)が上昇することで起こり、それに伴って痛みや視覚障害を引き起こします。原因は、原発性と続発性の場合があります。原発性の場合、眼圧を保つ機構に異常があることで起こりますが猫の場合は稀だと言われており、白内障や眼球内腫瘍、ぶどう膜炎などの他の眼疾患に伴って発症する続発性のことが一般的です。

強い痛みを伴うこと、視覚障害を引き起こす可能性があることから早めの対応が必要です。

緑内障以外の原因として、瞼が腫れて眼が腫れているように感じることもあります。また、眼の後ろの腫瘍がある、もしくは眼の後ろに膿が溜まる事で眼が前方に迫り出して、腫れているように見える事もあります。

「目が見えづらい」

目が見えているか見えていないか、猫ちゃんの場合は少し分かりづらいかと思います。眼に何かしらの異常があれば気付きやすいですが、必ずしもそうとは限りません。物にぶつかるようになった、おもちゃを動かしても追わない、行動範囲が極端に狭い、動作がぎこちないなどの症状があれば見えていない可能性があります。

症状が徐々に進行してきたのであれば、猫ちゃん自身も少しずつ順応して見えないなりの生活をしますが、急に症状が出た場合は猫ちゃん自身も戸惑い、行動に変化が見られることが多いです。急性の場合には緊急性が高い事も多いので、早めの受診をおすすめします。

視力低下を起こす代表的な疾患としては、白内障、網膜剥離、緑内障などがあります。

白内障は慢性経過をたどることがほとんどですが、網膜剥離や緑内障は急性に起こりえます。背景に心臓疾患や甲状腺疾患など別の病気が潜んでいる場合もありますので、早めに検査・治療を実施しましょう。

 

 

眼の異常は重症化すると視覚に関わります。特に、上記のように急性に症状が出現した際には要注意です。視覚に問題はなくても、痛みを伴い猫ちゃんが辛い思いをする事も多くありますので異常に気が付いたら可能な限り早めに動物病院を受診するようにしましょう。